SNSのボタン

サイトを開設するにはリスクがありますし、初心者は慎重に行うことが大切で、バックリンクは自分のサイトで初めて使われる新規ドメインを取得することが一般的です。中古ドメインはオールドドメインとも呼ばれており、どちらもよく使われるワードです。
更新期限が切れてしまって所有者がいないドメインを指していて、オールドドメインの方が新規ドメインよりもSEO効果が期待できるとされていました。これによりメインサイトの開設に対しても積極的・効率的に利用されている部分が多くあります。しかし新規でオールドドメインがサブサイトを開設する時に用いられるようになり、検索エンジンにかかるほどの表向きに使用されることは少なくなってきています。
コンテンツ自体を長く運営していく上で、コンテンツのみではなくドメイン自体のデメリット・メリットが見えてきます。新規サイトに中古ドメインを使用することで、ドメインの効率や価値的なものがそのまま直接引き継がれることとなります。Googleの評価も検索エンジンから引き継ぐとされていた上、価値がどのようなものかといったこともしっかりと調べた上で行います。
SEO効果を期待したドメインの運用年数は、ドメインを初めて使用してから経過した年数です。ドメインエイジとも呼ばれていますが、これが長ければ長いほど価値があるとされています。サイトの運営状態が長いと、信頼性も高くなりGoogleでも高く評価されることが多いです。初心者でウェブマスターならわかるケースもありますが、サイトを運営していく中でドメインへ被リンクを貼られることが普通となります。
他のページから被リンクが張られることも珍しくなく、ドメインへの被リンクはサイトへの評価の違いにも現れてきます。中古ドメインの中には被リンクが貼られたままで放置されているものもありますし、これを使用してコンテンツを開設すると違いが出ます。Googleで評価をされている状態で始めることができるのは、大きなメリットでもありデメリットでもあると言えます。
被リンクと同じく以前のサイトが持っていたページランクを引き継ぐこともできるのですが、ランクが高ければGoogleから評価されやすいメリットがあります。新規ドメインによりサイトを最近開設したばかりの初心者は、ページランクは0になっているので全く評価されていない状態です。中古ドメインのメリットは活用しづらくなっているので、特に工夫をする必要がありません。

記事一覧

中古ドメインはもともとウェブサイトのサブドメインとしてわかりやすく置き換えたもので、一般的にインター...

301リダイレクトはステータスコードとして扱われ、サイトの移転や引き継ぐ時・ページのURL正規化をし...

パソコンで作業する人

中古ドメインを購入するときにブラックリストに入っている危険性がないことが一番大切です。この調査方法は...

アドレスバー

ドロップキャッチは期限切れで解放されている中古ドメインを再取得する購入方法で、オークションなどでも利...

コンピュータネットワークを表示する地図

レンタルサーバーはドメイン名を利用する際にネームサーバーと言われることが多いですが、正しい使い方は意...

デジタル地図とパソコンで作業する人

ブラックボックスは中古ドメインを利用するにあたって、期待できるSEO効果となり大きなあたりやハズレが...