• ホーム
  • 301リダイレクト方法を徹底紹介!

301リダイレクト方法を徹底紹介!

301リダイレクトはステータスコードとして扱われ、サイトの移転や引き継ぐ時・ページのURL正規化をしたり・ドメイン変更をする時、以前のものから以後のものへユーザーや検索エンジン内でアクセスしやすくさせるための方法です。ユーザー目線で考えると、サイトを別のドメイン変更にした場合、移設前のサイトでは検索エンジンにかけると表示されます。
移設前のサイトは検索エンジンにまだ登録されていて、移設前のサイトを削除していない場合になります。ユーザーから見ると検索エンジン内で統一させることで、移設前のサイトにアクセス可能となっています。公開されているのは確かですが、その時に運営されていないサイトも同様のことが起きます。これを放置しておくとユーザーがアクセスした際に、存在していないサイトにいくことになり不親切ですし、サイトからの離脱を招きかねません。またサイト運営側からしても、ユーザーが自分のサイトに訪れてくれようとしているのに、新しいドメインへ訪問することができません。
このような際に利用できるのは301リダイレクトというステータスコードです。移設前に使っていたサイトのユーザーに、新しいサイトへ誘導するという引き継ぐ効果があります。全てを統一させることでユーザーも安心できますし、URLの正規化をすることも可能です。検索エンジンに対して重要な役割を持っていますが、サイトの設定やページの移転をした時などに利用する方法で、ユーザーを新規のサイトに誘導していきます。SEO効果を期待している人には欠かせない方法で、設定も簡単に行えます。検索エンジンの役割は移設前のサイトに検索エンジンで上位に表示されていると、新しいサイトでも同レベルのものを採用することができます。
コンテンツの内容自体は同じものでも、新しい方は上位に表示されない現象も起こります。URL正規化は検索エンジンにとって、全く別物として認識しているので評価も全くの別物になります。評価は被リンクやドメインの運用年数などで、SEO的にとても重要なポジションに設定されています。他のサイトからの被リンクが多くついていると、ページランクが高くても新しく作られているページは別物として扱われます。
最終的に評価が全て消失していると言えるので、301リダイレクトを行うことで、これらのリスクを十分下げることができます。今までの評価を保つためには重要なステータスコードになっています。

関連記事