• ホーム
  • 過去のサイト運用状況を調べるなら「WayBack Machine」を使え!

過去のサイト運用状況を調べるなら「WayBack Machine」を使え!

新しいブログなどを始めるために中古ドメインを取得する際、過去にマイナス評価がついていたり、運営しているサイトを独自ドメインにしたい場合でもスパムサイトであるケースもあります。新しいドメイン名を取得することで全てを逃れることもできますが、取得しようとしているドメインがオリジナルのもので、どうしても欲しい場合はその過去の履歴に注目する必要が出てきます。
過去に使われていてそのときに空いているものを探すことは、かなり少ない範囲の中から探すことになるので難しいケースもあります。クローラーである程度SEO対策の意識が高い人や、過去の状況をしっかり調べている人にとっては、それがよくないジャンルやアダルト系サイトで利用されていたことも問題になります。ドメイン名を決定するのですが、この確認作業は行われません。新しいドメインをクローラーで取得する前に、以前の状況を徹底的に調べることが課題で、その評価は全てが反映されることとなります。良い評価である場合は、以前にドメインでサイトが良いコンテンツを揃えていたことになります。
その証拠として被リンクが集まっていることも特徴ですし、検索エンジンによっての評価も高いです。マイナス評価がついているスパムサイトである可能性のものは、以前にそのドメインでサイトが不正なリンク行為を行っていれば、それが評価に影響していると言えます。アダルト系のジャンルを問わず、ドメインによって行われる自分のドメイン評価が、過去の自分のものではない運用状況によって影響してくるのです。
未然にこのような問題を防ぐには、過去の運用状況をしっかりと確認し、新しいドメインを取得する際は調べることにつきます。記録は消されることなく全て残っており、参考になるので過去の履歴を調べることは損にはなりません。人気があるドメインは高値で取引される可能性があり、記録を参考にすることができますが、副次的な側面もあるドメインは高値になります。評価が残っている場合は良いですが、悪い評価だけが残ってる場合はそれだけでは終わりません。WayBack Machineを利用することで、サイトの過去の運用状況を知ることができます。
全てのサイトで過去の状況を知ることはできませんが、取得を予定している人にとっては、WayBack Machineのツールを利用して取得前に調べておく必要があります。不正なリンク操作の温床となっていたサイトはマイナス評価がついていて、そのサイトのリンクは全て信頼せず被リンクを与えないようになっています。

関連記事