• ホーム
  • バックリンクを調べるために「Ahrefs」は役に立つ

バックリンクを調べるために「Ahrefs」は役に立つ

アンカーテキストはSEO内部対策を行うときに、必ず行う必要がある技術の一つです。サイトのユーザビリティやエクスポートなどで、効果を高めていく上で大切な役割を持っています。リンク切れではないサイトを完成させていくときに、抑えておくことはアンカーテキストのユーザビリティでも、SEO上でも役割を果たします。
作成していく時のポイントはしっかりと確認をして一つずつ徹底して正しく行なっていくことが、最終的に全てを合わせる上で大切です。長期的に見て、発リンクやエクスポートにも対応していて、サイトの集客の度合いを変えることも可能になります。Ahrefsはバックリンクのリンク切れの調査ツールとして認識されることがあります。
現在画期的なアップデートで品質が変わりつつありますが、コンテンツマーケティング全般を担っているツールになってきています。バックリンクのアップデートにより様々な機能を備えているのですが、リンクをクリックすることも状況によって可能です。発リンクは、競合調査によってサイトの被リンクや参照元などを参考にすることができます。
競合調査はコンテンツエクスプローラーであるソーシャルメディア戦略に役立つので、キーワードリサーチや選定にも情報提供をしていて参照元もよくわかります。キーワードのリサーチはダッシュボードの品質に関わってきますが、サイトでの基本調査をモニタリングする際にも利用されます。リンクやキーワードの情報をメールで通知することが基本となり、様々な状況元で、Ahrefsが提供されています。
サイトエクスプローラーはAhrefsと同様の機能を持っていて、Googleのボットと同じくウェブ上をクロールしていることが特徴です。たくさんあるインデックスデータの中から、検索しているドメインやターゲットなどのリンク・オーガニックキーワードやソーシャルデータなどの情報を拾うことができます。最新ライブインデックスデータとして、サイトエクスプローラーのトップページで表示されることも特徴です。
アンカーテキストはリンク設定してあるので、ブログやサイト運営を始めた初心者であれば、どのような言葉を設定するかに注意を払っていないケースもあります。アンカーテキストはユーザビリティの面から見ても、SEOの面から見ても特に重要な役割が見出せます。適切に設定されているテキストは、全てサイト全体の使いやすさを向上させていきます。

関連記事