• ホーム
  • どうやって中古ドメインを手に入れる?

どうやって中古ドメインを手に入れる?

アドレスバー

ドロップキャッチは期限切れで解放されている中古ドメインを再取得する購入方法で、オークションなどでも利用されています。
ドロップが可能なリストをまず入手するところから始めますが、これを抽出するツールを使うことで取得可能です。
ドロップキャッチはレジストラで使うデータベースにアクセスし、リストを初めに入手する必要があります。
再取得することが基本的な買い方なので、レジストラと組んだり仕入れルートをしっかりと確立することが必要です。
バックオーダーはまずドロップキャッチと同様の意味ですが、専門業者に依頼しながら厳選する買い方が一般的とされています。
ある程度大きなドメインレジストラは、サービスメニューの中に含んでいてそれを依頼することができます。
依頼が重複することはもちろんですが、10割取得することは難しく確率は低くなります。
専門業者からオークション式などで購入することもできますが、SEO対策の面から見ると査定されたドメイン・特別な名前のものを販売している業者もあります。
リスクはある程度減らすことも可能ですが、大きなデメリットとして割高な手数料が加算されることも珍しくありません。
高額になりがちなので、期限切れの中古ドメインでも避ける人が出てきます。
ツールで買い方を判断することもできますが、3000円くらいで販売されているドメインや、SEO対策では全く使用する気にさせないものもあります。
品質も厳選されている海外オークションなどに参加して、特殊なものやプレミアム感のあるものを落札して購入できます。
品質は優れているケースが多く、オークション形式になっているので価格が高くなりがちです。
また海外取引で特有とされるトラブルが起こることもあるので、初めて利用するには少しハードルも高くなってしまいます。
サイト運営者にドメインが欲しい旨を告げる方法もあり、運が良ければ手に入れることも可能です。
基本的には難しい手法ですし、価格もいい値で高額になりがちな部分もあります。
売買の仲介に入る業者を経由し売買契約を交わすことができる方法で、ドメインを販売したい人が集まっているので探さなくても良いメリットが考えられます。
中古ドメインの購入方法は基本的にオークションであれば即決ですぐに良い中古ドメインが見つかるとされていて、試してみることもできるかもしれませんが、運用歴を知らないまま購入することには、大きなリスクが伴います。

運用歴を知ったうえで購入したい場合は、中古ドメイン専門の販売業者を通して手に入れる方法をオススメします。
アクセス中古ドメインという販売業者では、以下のようなチェックを行いドメインの販売を行っております。

まずは中古ドメインが持つ被リンク参照元サイトのSEO品質や安全性をチェックします。
これは最も重要な作業でほとんどのドメインはスパム行為やリンク集などの参照元が多くなっており、SEOにプラスの影響どころかマイナスの影響を及ぼす可能性もあります。
参照元サイトを一つ一つ見るには限界がありますし、ahrefs、SEOMoz、MajesticSEOなどのサードパーティー製のツールのスコアだけを過信することも安全とは言えません。
そこで、当店では独自に開発したツールを用いてドメインの品質管理を行っています。
もちろん手作業による目視チェックも行っています。

引用元:アクセス中古ドメイン | SEOに最適な中古ドメイン販売

中古ドメインは特性上、失敗をするリスクもあります。
初心者の方はアクセス中古ドメインのようなサイトでの購入を検討し、少しでも失敗のリスクを減らすことを検討してみると良いでしょう。

関連記事